海外や留学となると、その土地でのカルチャーショックを考える人も多いです。もちろんそれもあるのですが、私は実際に留学して違いもあるけれど同じ部分にも目を向けてほしいなと思うようになりました。

アメリカ人だから派手だ、フランス人だから愛情深い、中国人だからマナーが悪い、これらのお国柄イメージは確かにあるし、傾向としては正しいと思います。ですが、個人個人を見ていくとそうでもなく、やはり一人の人としても性格があります。友達になって個人レベルでかかわるには国境なんて軽く超えていけるのに、国レベルとなるとどうしてもいざこざが起こるのを悲しく思います。

海外に行ったことがない、英語ができなくて外国人と接したことがあまりないとなると違いに目を向けてしまいがちですが、私たちは同じ人間です。違いなんて微々たるもので、千葉でも海外でも教室での日常会話も思うことも恋愛で悩むことも同じでした。これから私たちはもっとそこに目を向けていくべきではないかと思います。